かぶ

なかいはここんとこ全然畑も行ってません。
布施も行ってません。
ひどいもんですごめんなさい。

でもちょっと夕方動く気力が出てきたので
かぶの収穫に行って参りました。

みなさん。素晴らしいです。美味きわまりない。
是非とも生でそのおいしさを堪能すべし!

まだ収穫されていない方は是非いらしてくださいね。
大きいのから優先してとりましょう。
お茄子の所の小松菜も良い感じになってきてます。

d0050439_23182491.jpg
d0050439_23185761.jpg

本物の葉っぱはもっときれいな緑色です。
あー収穫大好き元気になる〜(収穫ばっかしててすんません)。
[PR]
# by sion-mogami-bk | 2005-12-08 23:21

05.11月プレーパーク

まもなく次回のプレーパークになってしまいますが
先月の様子を少し。

11月13日日曜日。13時。
いつもの公園に集合して
屋根のあるベンチと椅子のあるところに
ネイチャークラフトの材料を広げ
小さい子には葉っぱのプールを用意しました。

木の枝や木の実をたくさん用意してもらっていたので
幼稚園児くらいの子でもみな楽しんで色々作っていました。
結構これ大人が喜んで居た気がします。
器用な小学生男子に台座となる木をのこぎりで切ってもらったり。
じゅずだまもたくさんあり、中の芯みたいなのをつまんで抜く作業にいそしんだり
針と糸でそれに糸を通してネックレスやブレスレットにしたり。
あまり寒くなくてしのぎやすくて助かりました。
その公園でよくゲームとかやっているのを見かける男の子が
すんごいしみじみじゅず玉の芯を抜いてるのを見たりすると
機会さえあれば子供はやはり子供らしくイキイキするなあと思いました。

この日はプレーパークの後に総会を予定していたので
できれば火は使いたくないなあというのがスタッフの本音でありました。
みんな本当に火が好きで、楽しいんだけどね。
なぜかいつもの常連の小学生の男子が全然来なかったので
結局火は無し。
それでも楽しめて良かったです。
豊富なアイディアと材料の用意をしてくれたはらしまさんには感謝。

となりの畑の冬野菜もムクムク元気です。

そしてこの日は総会で規約等ついに決めました。
その草案づくりにはたかはしさんが大活躍でした。
各種補助金の応募はふじくらさんとやまださんが中心になり
書類作りや提出にがんばってくださっています。

その他の皆さんも
色々な場面で支えてくれているので
やれてるんだよなあ・・・・

さてはらしまさんの撮ってくれた写真を載せます。


d0050439_23113951.jpg
d0050439_23115636.jpg

[PR]
# by sion-mogami-bk | 2005-12-08 23:13 | 子ども

畑のカボチャ

ハロウィンかぼちゃを先週の土曜日にくりぬきました。
(いえわたしは出てないんですけど)
はらしまさんが写真を撮っておくってくれたので
とりいそぎ1枚アップします。

なんか少し面長なヒトですね。
d0050439_2212587.jpg


目のトコが少しピンクなのはコスモスかな。
通りがかりのヒトが記念写真撮ったりしてるようです。
[PR]
# by sion-mogami-bk | 2005-10-25 22:12 | 子ども

キャベツ大根レタスの芽!

はらしまさんが撮ってくださった写真を載せます。
葉っぱの虫食い状態をみてみてね。
農薬は気持ち悪いが大量の虫にも追いつかない?
考えさせられますね・・。
上からキャベツ、大根、レタスの芽の写真です。

d0050439_23221229.jpgd0050439_23212115.jpgd0050439_23225325.jpg
[PR]
# by sion-mogami-bk | 2005-09-29 23:24

芋掘り&秋冬の野菜

9月23日は都合のつく人達でサツマイモのお芋掘りをしました。
前日には雑草取りや、終わってしまった夏野菜(きゅうり)のかたづけなども
何名かでやりました。
(ちなみに筆者は両日とも不参加。お芋掘りは子供だけ参加。
なんか体調悪くて・・・。申し訳ない。)
来月のプレーパークと、23日に都合が合わなくて参加できなかった方のために
まだお芋は1列残っています。

小雨の降る中
今日ちょっとだけ畑を見に行き、携帯で写真を撮りました。

d0050439_232127100.jpg人参の芽。

ハロウィンかぼちゃd0050439_23233811.jpg
[PR]
# by sion-mogami-bk | 2005-09-24 23:31 | 子ども

9月11日選挙の日のプレーパーク

8月のプレーパークは夏休みでしたので
2ヶ月ぶりのプレーパークでした。
いつも来る小学生の男の子達が
「ひさしぶりいー」なんて言うのがかわいい。

1時からっていうと
ほんとはスタッフはそれより早めに来て
垂れ幕とかの類を開始前につけとくのがいいのかも知れない。
初めての人にアナウンスする意味も大きいし。
だがしかーし。
スタッフはほとんどチビが居るおかあさん達ですから
オラオラー!とりゃーっ!さっさと食べて頂戴!てな勢いで
あせって子どもに昼ご飯食べさせて、持ち物そろえて、
1時に間に合うようにやってくるだけで結構汗だくであります。

そのためスタッフも開き直り
常連の子ども達に垂れ幕つけるのも手伝ってもらっています。
結構子ども達はみんなそういう作業が楽しんでやります。
お膳立てしすぎてもね。
無理をしすぎないのが継続の秘訣とも言われております。

ちなみに筆者(なかい)は
うちのプレーパークの垂れ幕大好きでして
あれをぶら下げるとなんか燃えます。モチベーション上がります。
ワイルドな子どもの着色が魅力的。たまりません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて今日はいつもの公園ではありますが
場所を少し変えてやりました。
滑り台などの遊具のあるエリアの近くでやったので
プレーパークに参加したことのない子ども達も
興味深そうに寄ってきました。
初めて参加される親子の方々も何組か(3組かな?)いて
積極的に参加してくれているのは嬉しいし助かりました。
青少年相談員の方も来てくださり
すんごく御世話になりました。

畑の会で使う野菜の名前の札や
自分の苗だよっていう気持ちを持ってもらうきっかけに
子どもの名前を書いて立てる名札作りは
はらしまさん主導でやりました。
かわいらしいのがたくさんできてて感動。
小さい子達がうれしそうにクレヨンで色塗りしていました。

それから、畑と公園の間を子どもが渡ることが多いので
危険回避というか注意喚起のための看板も
ふじくらさんがおうちで描いてきてくれました。
この日さらに看板描いた子供もいました。(ってうちの息子です。)

みんな火を焚くのが好きなので
今回は畑のお芋を洗ってぬれた新聞紙に包み、
アルミ箔でもう一回つつんで
バーベキューコンロに火をつけてお芋を入れて焼きました。

あいかわらず男の子達にマッチの箱渡すと
全然工夫しないで一箱使い切ってしまうので
おばさん(あたし)は、
もったいないじゃんかー1本しかマッチがないと思ってやんなさいよー!と
発言しました。だまってらんないのはプレーリーダーに向いてないなあ。
ま、そのあとは2本でちゃんとつきました。よしよし。

今気が付きましたが
いつもあの公園に遊びに来ている子達なので
普段は火を使って遊ぶのはやっちゃダメだよって釘を差すべきだったかな。
やたらとボーボー燃やしたがって
松ぼっくりとかたくさん入れてしまい、
風が急に出てきたときはこりゃいかん!とあせりました。

空が急に暗くなってとても強い風が吹いてきたので
あわててお芋を引き上げて
火の始末を始めました。大人がたくさん居ると助かるー!
お芋はかろうじて火が通っていたので
みんな小さなお芋を1個ずつ位は食べられました。

そのうち雨も降ってきて
いつもは1時から3時とうたっていても、5時くらいまで遊んでいるプレーパークですが
今回は3時前に終わらざるを得なくなりました。
常連の小学生男子は近隣センターに雨宿りしに去っていきました。
スタッフは雨宿りしながら来月のことや今後の予定を話したり
公園の隣で投票を済ませたついでに立ち寄ってくれた親子の方々と
畑の話をしたり
雨には濡れちゃったけど、ちょっと話せる余裕がかえってあったかも。
雨もまた良し。(寒いときは勘弁)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
本当はプレーパークのあと
のぐちさんに来ていただいて大根の種まきをする予定でしたが、
雨が結構降ってきてしまい延期しました。
(土が湿っていると団子状のかたまりになって
大根がキレイにまっすぐ伸びるのを邪魔して
2本3本に分かれてしまったりするそうです。
ああ、またひとつおりこうになりましたー。)
のぐちさんありがとうございます。またよろしくお願いいたします。

新しい仲間が増えそうなのも嬉しいですねー。
来月のサツマイモも楽しみです。
[PR]
# by sion-mogami-bk | 2005-09-12 23:26 | 子ども

キャベツとさつまいもの様子

野口さんが植えてくださったキャベツと
そろそろ掘っても大丈夫かな?な感じのさつまいもの様子です。
(はらしまさん撮影)
キャベツの場所、こないだの土日で雑草は取ったけど、耕すとこまでは出来なくて、
それも野口さんがやってくださったようです。
今すごく忙しい時期(冬の野菜の苗作ったり)だそうです。
ほんとにありがたいことですね。

d0050439_1073585.jpg
根が張るまでは水っけが必要なんだって。

d0050439_1082026.jpg

お芋掘りはいつにしょましょうかねえ。
[PR]
# by sion-mogami-bk | 2005-09-01 10:15 | 子ども

8月9日のにんじん種まきの様子

ふじくらさんの撮ってくださった
にんじんの種まきと、ともろこしのあとを耕したのときの写真を載せます。
しかしこのにんじん食われちまったのか・・・

d0050439_22194816.jpg
指で穴開けて3粒ずつ入れました。
d0050439_22215417.jpg

d0050439_22254641.jpg


大豆の肥料をまきます。

d0050439_22274582.jpg
d0050439_22303320.jpg



d0050439_22321586.jpg
耕耘機体験子どもに大人気。
[PR]
# by sion-mogami-bk | 2005-08-26 22:39 | 子ども

人参やりなおしか?

はとぽっぽに人参の種が食べられた模様。
なんでわかるんだろう・・・
まだ発芽全然してないのに。

しかもマルチが強風ではがれてしまった。
ふかふかに耕したとこも雑草が。

ここんところ雨が多かったから
トマトやきゅうりも元気がない。
なーんかきゅうり病気にかかった感じ。

ピーマンも2本枯れてる。
茄子は元気だけど虫食いがひどくなってきた。

厳しいのう。
天候に左右されるのは厳しい。
明日は台風が来てしまいます。
畑だけじゃなくてもう頭が重くなってる田圃の稲も心配。
[PR]
# by sion-mogami-bk | 2005-08-26 00:02 | 子ども

畑に冬の野菜

はらしまさんの書いてくれた報告写しです。
8月8日(月)畑の報告

【参加者】大人8人 子ども10人

【作業内容】
●ニンジン種まき 太陽熱消毒をしていたマルチをはずして、ニンジン用の
マルチビニール(12センチ×12センチの穴があいている)をかけ土を
指でほって、コーティングされたニンジンの種を3粒ずつまき、土をかける。

ニンジンは発芽に水分が必要。発芽までに一番時間がかかる植物だそうです。

●土おこし トウモロコシと・エダマメのあいたところをスコップで掘って
肥料をまき、耕運機で耕す。

次回作業予定 全体でする作業はダイコンの種まき(9月10日前後)

野菜の苗つくりは、野口さんにお願いすることになりました。
苗の育ち具合をみて畑に移植します。

(以上はらしまさん記。以下なかい)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
意外に種まきに時間がかかりましたね。
糖衣錠みたいな人参の種コーティング版(一瓶4000円)には
びっくりしたなあ。
コーティングしていないと種が小さくてまきにくいらしいです。

野口さんの
「土壌を良い状態にするのは
人間の体が栄養をちゃんと消化吸収するのに
胃腸などの内臓の状態が良くないと吸収できないのと同じ。」
という話はみんなおもわずうなずいてしまいました。
暑いからって冷たい物ばかり飲んでちゃだめよん、
お腹は冷やしちゃいかんのよ、と。

子供らはほとんど公園で遊んでおりましたが
ちょっとは種まきと耕耘機をやる子もおりました。
小学生くらいの男の子ってなんであんなに機械が好きなのかね。
夕方涼しい時間になっていたので
プレーパーク常連と、知らない男の子達までわらわら畑に集まってました。

土を何で耕すかというと、空気を入れてやるのと、にんじんなんかの場合
障害物(硬い土とか石とか)があると、伸びるときに二つに分かれてしまったりして
私たちが普通にイメージする円錐形のあの人参の形にはならないとのことでした。
いちいち納得。

人参は今種まいて、収穫は11月末くらいからだそうです。
追々間引きをするそうです。

あ、半分残っていたとうもろこしを
最後に残っていた数人であわてて収穫したけど
遅すぎたみたいです。
美味しそうな所はカラスに食べられてしまったし
虫も随分入ってしまいました、しくしく。

公園と畑の間の道路に
子どもが飛び出す危険があるので(今日もちょっとドキっとしました)
ドライバーに注意を促す看板でも作った方が良いのじゃないか、と
ふじくらさんが提案されてました。
なかいは子どもが走ってる形がいいよ〜と申しました。
どうやってつくったらいいのかな?
ふれあい工房とかで板もらって切ればいいのかなあ(やったことない)。
田圃のかかしもひとりじゃかわいそうだから
ついでに作るか?
[PR]
# by sion-mogami-bk | 2005-08-09 00:15 | 子ども

収穫

はらしまさんから23日にとうもろこしと
枝豆の収穫をします!という連絡が来ましたね。

それにあわせて今日の収穫分(はらしまさんがもってきてくれた)を
写真に撮りました。
きゅうりは土曜日もだいぶもいだのに
またまたどんどん大きく育っているようです。
しかしつくづく茄子のりっぱなこと。
枝豆もならべてるのわかるかしら。

あまりに地味な色合いなので冷蔵庫に1個残っていたミニトマトも
そえてみました。
d0050439_2346568.jpg
携帯のカメラなのでやっぱ色は悪いね。
[PR]
# by sion-mogami-bk | 2005-07-19 23:48

長野のお宿

やまださんからおともだちのされているお宿のHPに
リンクしてくれないかというご要望がありました。
でもどうもここのトップページにはできないっぽいのです。

とりあえず、夏休みも近いし
穀物菜食と自然体験の宿とかかげておられるところなので
ご紹介しておきます。

興味のある方は、見にいってみてくださいまし。
http://www.geocities.jp/saisyokunakaya/
[PR]
# by sion-mogami-bk | 2005-07-14 17:14

7/10プレーパークメモ&リンク

ドームのページ、リンク貼っちゃった。
義理の姉のページもついでに貼ってしまった。
エキサイト先輩だったから。

それから、ドームのリンクから
松戸のプレーパークの活動のページを発見しました。
なかなか頑張ってる様子。ってかドーム作ってる。
http://www.geocities.jp/arai0356/0412boukenn.html
URLをコピー&ペーストして見に行ってみてね。
こちらがメインのページ。
http://www.globetown.net/~arai0356/main01.html
知ってるのかな、みなさん。


さて今日のプレーパークは雨かと思いきや
曇り時々晴れ。蒸し暑いくらい。
参加人数正確にはわからず。
子ども20人くらいはいたかなあ。主に常連さん。
スタッフ5人、お手伝いの川村の学生さん1名。(遊んでくれてありがとう)
でも初めて見に来てくれたご家族が3組くらいありましたよ。
ミニチラシ日付修正版をはらしまさんが用意してくれてたので
渡せました。

蒸し暑かったのでたらいに水をためて水遊び。
水かけっこ結構激しくやってたなあ。

初めは火をおこすのが暑くて億劫だったけど
(しかもなかなか火がつかなくてマッチ2箱くらい消費!大事にしてくれよ。)
せっかく昨日収穫したじゃがいもがあったので
やかんに水と一緒に入れてゆでました。
塩ふって食べたらおいしかった。えぐみの強いのもなぜかありましたが。
あとはこけももだっけ?の実が公園内に実っていて
それを集めてジャムだジュースだつくると
缶に入れてゆでていた。あれは結局どうなったのかな。
匂いは悪くないのです。いちごみたいで。

ロープは今回は木を傷めるといけないので
麻布を巻いた上にロープを結ぶようにしました。
少しはマシかな。

昨日の夕方からの雨で
大きな水たまりが出来ていました。
ちいさいお友達ははだかんぼになって水たまりに入って遊んでしまっていました。
すごい。豪快。

リヤカーに夢中な子供らもいましたね。
リヤカー持ち手がゆがんでしまっています。はずれることあり。

4時から紙芝居の方が公園に見えたので
子供らは駄菓子にまず吸い寄せられていました。
昭和20年代の紙芝居だそうです。

それらの様子は今日はわたしのデジカメで撮りましたので
のちほどパソコンへとりこみます。

あ、畑にこれから何を植えるかの希望もとりました。
大根、にんじん、かぶ、ほうれん草、小松菜、いんげん、
キャベツ、ブロッコリーなど。
のぐちさんと相談して実現可能な物を選ぶことになりますでしょう。
みんな食べられる物がやっぱ嬉しい。

とりあえず昨日携帯のカメラで撮った
畑の茄子の写真を。
美しい紫の花ですが私の携帯だと色がちょっと薄めにしか撮れないです。

d0050439_2335989.jpg

今年前半の活動の総括や反省と、後半への展望・計画を考えるべく
7月末か8月頭に一度スタッフ会議をしましょうという話になりました。
プレーパークと畑とその他の活動とうまいことおりあって
あまりへとへとにならないで済む程度に
回せると良いですが。


[PR]
# by sion-mogami-bk | 2005-07-10 23:11

竹とんぼ

今日は竹細工を教えて頂きました。
私、切り出しナイフっていったい何十年ぶりに触ったろう?

W氏は「小さい頃やっておぼえたことばかりなんだけどねー」と言いつつ
あちこちで教えておられるため、子ども向けの場合の知恵も色々お持ちでした。
竹でカブトムシ等の昆虫やザリガニをつくったりされてもいて
手が使えるってすごいことなんだよなあー!と感心しきり。

d0050439_017750.jpg

今日メインで教えて頂いたのは竹とんぼの作り方でした。
短時間で子どもが飽きないうちに完成できるように
製作用のパーツ(羽根と軸)のキットを用意されていました。

初めは羽根に削るための目印をマジックで8箇所(片側4箇所)付けます。
印を付けるための台もありまして便利。
(この台、引き戸とかふすまの・・なんていうんでしたっけ、レール部分を
家の建築現場で大工さんから余った部分を分けてもらった物だそうで。
新築中の家があったら要チェックを心に誓う私でありました。)

金ノコで真ん中の4つの印の所に5ミリほど切り込みを入れます。
羽根を固定するようにして、外側の印から
ノコで切り込みを入れたところに向かって斜めに少しずつ削ります。
切り込みが入っていると、すべって深く削りすぎないで済むようです。
(私はそれでも勢いづいて削ってしまったけど・・・・)
羽根を斜めに削った後は
羽根の中心部分が出っ張った形になっていますので
そこも平らに削り落とします。
次に羽根の中心点を定めて電動ドリルで3ミリ程度の穴を開けます。
もちろんキリで開けても良いのですけど。
次に4×10センチ程度のアルミホイルで羽根の中心部分を包みます。
100円ライターなどの小さい火でホイルで包んだ部分をあぶります。
このとき羽根を持つ人は、羽根部分を右手左手それぞれ持ちます。
表も裏もあぶるので、ゆっくり羽根をまわします。
2〜30秒もするとよく見ていると煙が出てきます。
煙が出てきたら竹が柔らかくなっていますので、火を離し
右手と左手それぞれ逆の方向に羽根をひねります。(角度は5度らしい)
(右利きの人は右手で持った羽根を手前に、左手を向こうにまわす)
ひねってすぐ離すともどるので、ひねったまま10秒くらいそのまま我慢。
それで固まります。ホイルはしばらく熱いのですぐ触らないように!

軸は直径5ミリくらいでしょうか。
片方の端を羽根の穴に差し込むために削ります。
穴に入るサイズになったらボンドで穴につけます。
これで出来上がりです。
感動的によく飛びます。
ただし今日のは若い竹なので、油や水分が多く
一日も経つと形が変わって使えなくなるそうです。残念。

これらはパーツごとに材料が揃っているからあまり失敗もないわけです。
パーツ作りも教わりました。
まず軸。
2,30センチの一節を縦半分に割ってさらに半分、半分、半分に割っていきます。
両刃のナイフをあてて金づちでトン!と割っていくのです。
次は3分の1に割り(これがなかなか均等に割れない)、
軸にするために切り出しナイフで削っていきます。
初めは8角形にするような気持ちで、表面の緑の部分は少し残るように
ほぼ丸くなるように削っていきます。
ナイフは固定して、竹の方を動かして削ります。

羽根の方は私はちゃんと説明を聞いてなかったので詳細が書けませんが
軸をやって削るのになれてからの方が良いと言うことでした。
羽根の幅で削るんですもんね。3ミリくらいの厚さにまで薄くするので。

ナイフを使っていると、足やズボンをナイフで削りそうになるので
厚手の前掛け(お米屋さんのような)があると良いようです。
子供用にもスタッフ用にも何枚か作ろうかーなんて話も出ていました。

生の竹は切り口でケガをしやすいので
軍手など使った方が良いとのこと。
削りカスも素手で拾おうとしたら「ケガするよ」って注意されました。

d0050439_0182398.jpg
左の写真はせっせと材料を作っているところ。

地域内に色々な技術や知恵をもたれた方が多いので
色々ホントに勉強になりますね。
他にも竹で使った遊具をいくつか見せて頂きました。
竹の特性や、冬に切り出すとか
長く使う物は一度煮出すとかよく乾燥させるとか
知らないことがたくさんですが、なんだか楽しいですねー。
小学生ならナイフも出来ると思うので、プレーパークでうまく生かしたいものです。
[PR]
# by sion-mogami-bk | 2005-06-19 00:27

空き缶でご飯を炊いてみた。

今日はNさん宅裏の林で、缶でお米を炊く練習をしました。
本日参加は大人5人子ども9人?かな?

この場所はボーイスカウトの野営練習に貸しておられたこともある
場所とのことで、火を使える場所もあり、
斜面林を利用して子供らは飽きずに遊べるし
ちょっとトトロの森みたいで良い感じのところでした。

350mlのアルミの空き缶に、洗ったお米を半カップと、
お米にひたひたよりは多めの水(プラスお醤油少々を入れた缶もあり)を入れて
火の上に置いた網に載せます。
火の勢いが良いと、まもなく煮たって泡がプツプツ出てきます。
泡が粘ついて水気が少なめになってきたら
割り箸を中に刺して、お米を箸につけて炊け具合を見ます。
(いや食べたんですけど)
お米に芯が残ってなかったら、大丈夫かな〜ということで
飯ごう炊さんのごとく、いちおう缶をひっくり返して蒸らしてみました。
(今日は木の枝を輪切りにしたコースター状の物の上に置いてみた)

Yさんがごついカッターナイフで缶の横っぱらを四角く開いてみますと
なかなかおいしそうなご飯が炊けておりました。
底の方は少しお焦げができてたりしますが、それもまたおつな味。
お醤油を入れた物の方がそのままたべるのにはいいかも。

水の加減を誰でもわかるように計ってやった方が良いとか
カッターで開いた空き缶の横っ腹は結構鋭利で危ないので
端を折り込んでから子どもに渡した方が良いとか
松だかくぬぎだかの枯れ葉の付いた枝はものすごくよく火が燃えるとか
小さい子はお箸よりスプーンの方が食べやすいとか
ちょっとしたことだけど、
やっぱりわかってた方が良いことがちょこちょこあって
実際にやってみるのはやはりいいですね。

釘を火に入れて熱くして
森の鍛冶屋さんのごとくナイフ作りに挑戦する男の子達もいました。

竹の子を女の子が発見したので掘り起こして
アルミホイルに包んで火で蒸し焼きにしてみたら
堀りたてだけあってえぐみもほとんど無い竹の子が食べられました!

時間はあっという間に過ぎていきました。
火の始末をして、後かたづけをして終了。
帰り際雨が降り出しましたが、ほとんど濡れずにすみました。
よかったよかった。
d0050439_2391729.jpg
これが蒸し焼き前の竹の子。
[PR]
# by sion-mogami-bk | 2005-06-04 23:14

ぷれぱのHP

あびこプレパat柴崎台

次回の開催日は6月12日(日曜日)です!
[PR]
# by sion-mogami-bk | 2005-05-24 20:21

使いごこちを試します。

練習です。
太字
イタリック
下線
いいまつがい
d0050439_09539.jpg

[PR]
# by sion-mogami-bk | 2005-05-15 23:55